ぶりぃーでんぐっ!

いやぁ~
春やねぇ、陽気が!

ということで、今日のお題。
「RAMONES、リア・ブレーキのエア抜きをせよ!」

エア抜き。
ぶりぃーでんぐっ!
だよ。
できるかなぁ、整備オンチのこの俺に・・・

RAMONESのブレーキはシマノの“M395”ってやつ。
人生初の油圧ディスク!
でね、少し前からリア・ブレーキのレバーを握っても、なぁんかグニャ~って感じなわけ。
フロントレバーを握った感じと明らかに違う。
最初はだましだまし乗ってたんだけど、さっすがにブレーキだし。
挙句のはてに、レバーがグリップに接触するとこまでいっちゃって(笑)。
本格的にシーズンインするし、ここは頑張ってやってみるか、と。

で、準備したのがコレ。
2014032901_resized.jpg
シマノのブリーディング・キット。

出したとこ。
2014032902_resized.jpg

中身はこんな。
2014032903_resized.jpg
・ミネラルオイルのボトル1本(50ml)
・ビニールチューブ1本
・取扱説明書

これだけ?
あれ? オイルを受けるビニール袋は?
まさか、中身入ってた袋使えってか?
しかも、“取説”っていってもやり方とかいっさい書いてねぇし(怒)。
でも、ミネラルオイルって、なんかネーミングがカラダに良さそう。
“ミネラル”だよ。
「現代人に、不足しがちなミネラルを・・・」みたいな。
俺も、飲んだら健康になる?(笑)

しょうがないんでやり方は検索。
で、これ参考にやりましたとさ。

①まずリザーバータンクのふた外す。
こんとき、地面と水平にセット。
2014032904_resized.jpg

②キャリパー本体にチューブとオイル受けの袋取り付け。
あぁ?
“ブリードニップル”?
なにそれ?
どこそれ?

・・・

・・・

・・・

フレームからキャリパー本体を取り外し、“M395”をしばし観察。

どうも、
2014032905_resized.jpg
赤矢印のゴムカバーがあやしいっ!
青矢印のボルトを開け閉めだな。

ゴムカバー、オープンっ!
2014032906_resized.jpg
居たねぇ。
たぶん、これだな。

で、こんな感じでセット。
2014032907_resized.jpg

③レバーにぎにぎ&オイル補充
青矢印のボルトをほんの気持ち、ちこっと緩める。
げっ!? オイル出てきたっ。

この状態で、
一回ごとゆっくりレバー握る⇒リザーバータンクにオイル補充
を行う。

しばらくすっと、
あ、気泡が押し出されてきたねぇ。
2014032909_resized.jpg

けっこう出てくるし・・・。
2014032910_resized.jpg
そりゃ、グニャグニャするわけだ(笑)。

オイルも一回ごと補充。
2014032908_resized.jpg
忘れると、タンクから空気が入って、今までのがすべてパー。

繰り返すこと数回(回数忘れた)。
気泡が出なくなったら、一旦青矢印のボルトを締める。

④レバーを握りながら、青矢印のボルトを2、3回開け閉め。
キャリパー内の気泡を追い出すんだと。
これって、書くのは楽だけど実際一人じゃ無理じゃんねぇ。

だって、今日、今ごろ嫁さんとオチビらは知多半島で潮干狩り。
家には俺しかいないし(汗)。

でも、俺はやってやったよ。
しゃがんで左手でレバー握り、両ひざでキャリパー本体を挟んで固定し、右手で開け閉め。
そしたら青矢印のボルトを締め付け。

ん~、ヤレばできる子だ。

⑤レバーをゆっくり数回握ってブレーキシステム内の気泡を追い出す。
こんどは、リザーバータンクにあがってくる。
「プシュ」って握るたびに細かい気泡が・・・。
おもしれぇ。

最終的に握って当たりが固ければOKっ!

⑥リザーバータンクに溢れんばかりにオイルを満たし、ふたをもとどおりに取り付け。
こんとき、タンク内に気泡を残さないようオイルはわざと溢れさせる。
2014032911_resized.jpg
ニャハハ、
びちゃびちゃ。
えらいこっちゃ。

結局、50ml入りのボトル、半分くらいのオイル使用量だった。
もう一回、使える量かな。
この際、フロントも・・・、と思ったが逆に調子悪くしたらオワリなんでやめといた。
きちんと保管しときましょ。

キレイに拭いて、もとどおりにレバーやら、グリップやらを組んだら完成!

何回かホイール回して、ブレーキかけてみたけど、
キュっ!って止まるねぇ。
キュっ!って。

おっかなびっくりだったけど、できちゃったみたいねぇ。
お・れ・に・も
できたらできたで、またまた愛着がわきますねぇ。

この後、外走りに行ったんだけど・・・。
ここで、重大問題発生ッ!!!

カ、カラダが動かんっ!
しっかり、ぜぇ~、ぜぇ~するっ!
っぱねぇ!


ほんと近所だぜぇ?
「そこかよっ!?」って。

ブレーキは完璧復活。
やっぱ、今度は俺に“ミネラル”注入だなぁ。

あ、
NSBikesのペダルと“HALF CAB”の相性は最高ぉ~でした!


以上っ!

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ぶりぃーでんぐっ!

ついに ’一線’ を超えてしまわれたのですね。 ( 自分はまだ未経験です・・・ )

これで の・ざ・わ は準備万端ですね!

Re:

> 純正のブリーディング用のファンネルを使うか、ファンネル取り付け口からシリンジでオイル補充すると楽です。

記事を読んで、「こいつバっカじゃね?」で終わらずに、わざわざコメントで教えて頂き大変感謝しております。

実は作業にあたり、“M395”がじょうご(ファンネルっていうんですね)に対応しているのかどうかわからず、リザーバータンクのふたにひとつだけサイズの違う大きなネジがあったので「もしや・・・」とも思ったのですが、今回は無難に、安く、一般的な方法でやってみました。
やはりこれがブリード・スクリューだったんですね。
勉強になります。
ファンネルが使えるのであれば、絶対にこちらのほうが効率がいいので、次回作業するときはファンネルを調達したいと思います。

また、いろいろご指摘ください。
ありがとうございました。

ヒロシックス様

ほかの方にコメント頂いたんですが、もっと効率のいいやり方ができたようです。
勉強不足だぁ。
自分で組上げるなんて絶対できる気がしませんが、これぐらいならナントか・・・(汗)。

野沢と言わず、まだ気が早いですがGWなど日程があえば、またご一緒させて下さい。
よろしくお願いします。

エア抜き

この作業、
自動車の場合
合図をしながら
二人で仲良く行いますよ。

初めて行う作業の
ドキドキは
ほんとうに楽しい!

うまくいってよかったですね。
この達成感が
きっと“ミネラル”
挑戦意欲。


hiromax様

面倒だったり
敷居が高そうな作業でも
実際にやってみると
「なるほどなぁ」って(笑)
自分の機材への理解が深まって、走りも変わるかなぁ。

この作業は私もまだやったことがないのですが、いずれやらないといけないことを考えるとドキドキしますね、私にやれるんだろうかと...。後輪の脱着でさえいまだに手間取っているのに爆。

Half Cabの件、良かったですね。週末バンコクへ見にいこうかな。実はこちらにもNS Bikesのディーラーがございまして、私はSoda Airとギリギリまで天秤にかけていたんです。結局Commencalにしましたが。

ご家族が知多半島へ潮干狩り!そうでしたか。私の出身地なんですよ。でも潮干狩りは一度も行ったことがありません汗。

くめ様

コメントありがとうございます。

私はほとんどメンテナンスしてません。
必要にかられて、やっとはじめるという感じです。
「だって、そうそう壊れたりするもんじゃないでしょ」が持論です。
できそうもないことは、はじめからショップ丸投げ(笑)。

Soda、いいですよね。
いま、ものすごくフルサスが欲しくて、とくに“Soda 1”にベタ惚れ中。
ま、私には高嶺の花で手がでません。
フルサスは、私にとって憧れ、未知の世界です。
SL2に乗られているくめさんが羨ましいです。
RAMONES、3台くらい買えちゃいますよね?

そうですか、そちらのご出身なんですね!
いろいろ偶然が重なり、これも何かのご縁でしょうか?
これからも、よろしくお願いします。