2013 RAMONES のこと

新しく買った自転車について。

20130330ramones03.jpg

2013モデルのCOMMENCAL RAMONES AL1

まぁ、今回なんで RAMONES に決めたかって話。
20数年の時がたち、自転車もかなり進化していたわけです。
フレームの素材ひとつとっても、鉄 ⇒ アルミ ⇒ カーボン ですよ。
タイヤだって、26、29、最近では650Bなんかが騒がれてる。
サスは、フルリジットにはじまってハードテール、フルサス。
で、DHだ、XCだって使用目的別に細分化されていて。
いざ、選ぶとなったらこれまた大変な騒ぎだよねぇ。

最初は、“YouTube”なんかで動画を見てて、いわゆるDHやフリーライド系にハマってしまってフルサスが欲しかったのね。
で、いろんなお店に行って聞いた話をまとめると・・・
「いやぁ、初心者にはフルサスは厳しいっす。 調整が(初心者には)難しいし、それだけ壊れやすいし、高いし。」

なんだよ、素人はフルサス乗っちゃいけないってかい?
カッコええんだから、それでいいじゃん?!

「それなら最初からフルサスでもいいっすけど、ある程度高いモデルを買わないと耐久性とかキツイっす。
 安いのもあるけど、すぐイカレちゃうから結局高くつくし。」

ほほう、た、高いモデルなぁ、それはおっさんを試しているのかい?
で、いくら位をいうの、その高いモデルって?

「ん~、30万くらいからっすかねぇ」

さ、さんじゅうってかい?
嫁さんに話したら殺されるわい・・・
やっぱ俺みたいなおっさんに憧れの自転車生活は無理なのかぁ・・・

「でもぉ、やっぱ俺なんかもそうだったっすけど、はじめはぁ10万くらいのハードテール買って、そのくらいならパーツも十分なやつ入ってるんで、それで身体で乗り方を覚えたほうが後々ステップアップしてフルサスにいったときにらくでメッチャ楽しいっすよ!
 なれてきたら、パーツも好みで乗せ換えたりすればいいバイクになるし。
 それに、最近みんなフルサスとかいうけど、あえてフルサスじゃなくハードテールにして“乗りこなしてやるぜっ”的なほうがシブくないっすかぁ?」

10万かぁ・・・、
だよなぁ、やっぱ“ハードテール”だよなぁ!、
“シブい”よなぁ!
よっしゃぁ!  暴れ馬を乗りこなしちゃうぜぜぜっ!

という訳で、サラッとサクッとフルサスから方向転換し再検討。
設定した予算は15万前後。
初心者には十分でしょ? 頑張って貯めましょ。

次に、自分がどんな乗り方をしたいのか、ってとこ。
俺がやってみたいと思うのは、
あ、この際できるできない、やるやらないは別問題ね(笑)。
 ①トレーニング(というかフィットネス?)目的
  ※ようは、俗に言うところの“メタボ”対策ね。
 ②街乗りポタ
 ③里山トレイルライド
 ④ウィリー、マニュアル、バニホ とか練習
  ※もちろん、どれもできません! でもできたらかっこいいじゃん!
 ⑤ゲレンデDH
  ※近所に野沢があるから、行ってみたいのねぇ。
優先順位はなし。すべて同列。

あれ? でも一台でなんでもこなすのは無理なはず・・・

いやいや、見つけちゃったんだ

こいつを ↓ ↓ ↓

20130330imgramones.jpg

どこでも誰でもどんなところでも一台ですべて楽しめる!

「フルサスDH、ダートジャンプ、そして友人とのんびりXC。 夢のような生活、MTBがガレージに3台。 そんなことはありえない!・・・
 ・・・どこでもだれでもどんなところでも一台ですべてを楽しめるハードテイルを開発した。
 再び攻撃的なコーナリングをして、楽しみを倍増させるために・・・」

20130330imgramones2.jpg

ぬぉぉぉっ!

それ以来、もう寝ても覚めてもアタマの中は

“らも~んず”!!!

いつしか小遣い貯金も、目標金額の15万を達成し、そっからさらに1ヶ月くらい自問自答。
「本当にこいつでいいのか・・・、ええのんかぁ?」
そして、背中をポンっ!とひと押ししてもらうべく、以前一度寄らせてもらって店長さんの印象がとっても良かったショップへGO!
(長野市の居町にあるお店です!)

「いやぁ、いいと思いますよぉ、コレぇ。
 コンポのグレードも十分だし、換えるとこないんじゃないかなぁ。
 かっこいいし。
 COMMENCAL扱ってるとこの担当者、いい人だしちょっと問い合わせてみますよ。」

・・・・・(店長さんが電話してくれた)

「もう最初のロットが入ってきて、デリバリーもしてるんで、頼めばすぐ入荷できますよぉ!」

・・・こ、こ、これくださいっ!

こうして、めでたく背中をしっかり押されたのでした。
【次回へ続く】

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。