フレームプロテクター?!その2

先日、ケーブルの擦れから塗装を守るべくカッティングシートで“フレームプロテクター”(そう思ってるの俺だけか?)を作成してみた。

が、ダウンチューブの裏に貼った、おまけのCOMMENCALステッカーが、予想はしていたがあっという間に表面のフィルムがはがれてしまい、あえなく逝ってしまった。
なので、今回は前から気になっていたモノを使って自作してみた。
2013052301_resized.jpg
サイズはA4サイズを使用。
プリンターで印刷するシートと透明な保護フィルムのセットが3セット入りで、ヤ○ダ電機で920円。

本物のステッカーを検索してみたが、どれもこれも高い。
どのみち泥だらけ、埃まみれになる運命なんだからと、自作を決断。

こんな感じ。
2013052302_resized.jpg

あとは、嫁さんとオチビたちが寝てしまったあとにちまちまと・・・。

いつものとおり、画像をどうぞ。
★シートステイ
2013052303_resized.jpg

★“オマケ”が剥がれてしまったダウンチューブ裏
2013052304_resized.jpg

★シートチューブ
2013052305_resized.jpg

★トップチューブ
2013052306_resized.jpg

★右サイド追加
2013052307_resized.jpg

★左サイド追加
2013052310_resized.jpg

★フロントフォーク
2013052308_resized.jpg

2013052309_resized.jpg

★こんなとこも(暗いか?)
2013052311_resized.jpg

外の広くて明るいところで全体イメージを撮りたかったんだけど、なんせ夜中だったもんで次回機会があったら。

自作してみた感想は、なんか拾ってきた画像に偏りがあって、
 “Troy Lee 祭り”
 “VANS 祭り”
になっちゃったwww。
モノ自体はシートの上にさらに保護フィルムを貼るので通常のいわゆるステッカーよりかなり厚みが出て硬い感じ。
今回の目的である“フレームプロテクター”という意味では、保護したい箇所に貼れば、その厚みのおかげでかなり効果が期待できるはず。
ま、貼った箇所みると、位置に問題ありか?(笑)。
あとは、耐久性の問題なんだけど、これも追々で。

ただし、ステッカーのように貼ったあとの仕上がりが気になる人は、光の加減によっては厚みのせいでフチに影ができてしまい凸凹感が目立っちゃうかなぁ。

ま、今回でなんとなく要領はつかめたんで、あとは使ってみてだなぁ。

以上っ!!

コメント

非公開コメント

自作には見えない出来栄えですね!
ちょっとヤ◯ダ電機でチェックしてみます。

私のチェーンステーには廃チューブを巻いてもらって、かなり頑丈なプロテクターとなってます(笑)

takezo様

コメント、ありがとうございます。

しょっぱい画像なんで、そう見えちゃってますかね?(笑)
一応、「耐水・耐光、強粘着タイプ」ですが、どれだけもつかな・・・というところです。
あと、“強粘着”なだけに保護フィルムを貼るとき失敗は許されません。
気泡はある程度はゴシゴシこすって密着させてしまえばOKですが、貼り直しはできません。
“一発入魂!”で乗り切って下さい(笑)。

チェーンステーの廃チューブ仕様は、山を走り込んでる玄人っぽくて、逆にカッチョええですよね。
私の場合は、納車時に廃チューブの話を店長さんに振ったら、「あ、いいのありますよぉ」って市販品を巻かれてしまいそのままになってます。
小心者です(笑)。

今後とも、よろしくです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。